耐震性の低い建物とは

下記に該当する建物は、耐震性が低い恐れがありますので注意が必要!

木造住宅の場合

1. S56年以前に建てられた建物
2. 平面形状が不正形(L字、T字型など)
3. 2階の壁直下に1階の壁がない面が2面以上ある
4 .1階に駐車場がある
5. 大きな吹抜けがある
6. 耐力壁の配置が偏っている
7. 地盤が悪い
8. 屋根重量が重い(瓦葺き)

鉄筋コンクリート造
鉄骨鉄筋コンクリート造

1. S56年以前に建てられた建物
2. 平面形状が不正形(L字、T字型など)
3. 壁や柱などにひび割れや亀裂がみられる
4 .1階にピロティがある
5. 大きな吹抜けがある
6. 耐力壁の配置が偏っている
7. 地盤が悪い(液状化の恐れがある)
8. 短柱、極短柱がある

low-1
S56年以前に建てられた、屋根重量が重く、1階に車庫がある建物の被災状況

low-2
マンション1階駐車場ピロティ部のせん断破壊した柱