土地活用の代表的な方法

等価交換方式

所有している土地を、デベロッパー等(事業主)に提供し建てた建物の一部を交換する方式です。

土地所有者のメリットとしては、借入金などの事業資金を気にせずに建設できることです。

定期借地権方式

契約期間満了時には原則的に更地にして土地所有者に変換される方式です。定期借地権には「一般定期借地権」「建物譲渡特約付借地権」「事業用借地権」の3タイプがあります。メリットとしては以下があげられます。

①保証金や一時間が支払われること
②事業資金が必要ない
③固定資産税・都市計画税・相続税の軽減など

自己建設方式

文字通り土地所有者自ら資金を調達し企画、設計、建設、ファイナンス、リーシングまですべてを行なう方式です。未経験者が単独で行うことは難しく、高収益ながらリスクも伴います。専門家のアドバイスを受け行なうのがよいでしょう。

土地信託方式

所有土地を信託銀行に信託し、土地所有者に変って信託銀行が企画立案、資金調達、建物建設から管理運営まで行ない、経費などを引いて得られた利益を信託配当して得られる方式です。大きく分けて「賃貸型土地信託」と「処分型土地信託」があります。

事業受託方式

土地所有者が事業の主体者となりますが、資金調達、企画、設計、建設、管理など業務の一部または大部分をディベロッパーなどのパートナー会社に任せる方式です。メリットとしては、土地を手放すことなく受託者であるパートナー企業の持つ様々なノウハウを利用できることがあります。