コンサルティング内容

大規模修繕は準備こそ重要。
私たちベル建築研究所が管理組合のためにできること。

ベル建築研究所は一般社団法人マンション大規模修繕協議会に属しており、正しい大規模修繕の進め方の啓蒙活動を行っています。大規模修繕をはじめ建物の維持管理、管理組合運営にかかわることなどのお悩みをお持ちなら、是非私どもに相談してください。

大規模修繕準備のための協力

1、建物点検

大規模修繕の準備の一環として皆さんが暮らすマンションの建物と設備はどのようなものがあり、その現状がどうなっているのかを把握する必要があります。

大規模修繕は築12年目ごとに行う例が多いのですが、建物の劣化状況に見合った時期に実施する必要があります。建物の立地条件や新築時の状況で建物の劣化状況は大きく異なります。建物ごとに劣化状況を把握する必要があります。

 

建物点検

 

2、現場見学会 (見学ができる現場があるときに限ります)

大規模修繕工事の現場では、一体何がおきているのか?

 

・建物に足場とネットがかかったら、日照と通風はどうなるのか?

・工事の騒音は?臭いは?バルコニーの荷物は?網戸は?・・・・

・防犯対策は?工事の安全対策は?居住者の日常生活はどうなるの?

 

マンションの大規模修繕工事でどのようなことが起るのか?百聞は一見にしかずとも言います。まず、大規模修繕工事の現場をあなたの目で見てください。

 

現場見学会

 

 

3、 勉強会

マンションの寿命を1年でも長く延ばしたい。共に暮す仲間とずっと住み続けたいという考えをもった人たちと一緒にマンション大規模修繕の準備を学ぶ勉強会です。

今まで大規模修繕の調査診断、設計監理で培った知識や経験を管理組合への恩返しのつもりでセミナー、勉強会という形でより多くの組合の方へお返ししたいと考えています。

勉強会

 

4、 マンション大規模修繕セミナー

 

セミナー

一般社団法人マンション大規模修繕協議会では毎年、春と秋に大規模修繕をはじめとして、マンションでかかるお金、管理組合運営、管理会社との関係構築などを住民目線でわかりやすくお伝えしています。北海道札幌から九州福岡まで全国主要都市で開催しています。セミナーに参加したいという御希望がありましたら、私どもにお問合せください。